乳がんについて

About Breast Cancer

乳がんトリビア

子だくさんは乳がんリスクを軽減させます。

日本女性の初産の平均年齢は29歳。女性は妊娠・出産により約1年間、生理がなくなります。20代で子供を二人産んでいるとしたら、生理回数は子供を産んでいない人に比べてかなり少ないといえます。

生理回数が多くなるほど女性ホルモンによる乳腺への刺激は多くなり、乳がん発症率は高くなります。子供を産まず、生理回数の多い女性は子供を産んだ女性より乳がんになりやすくなります。

また女性の体は出産後、母乳をあげることで乳腺はスカスカになり、それだけで乳がんになりにくくなります。何人も出産して母乳をあげている人はそれだけ乳がんになりにくく、仮になっても発見しやすいのです。

しかし乳がんの予防のために子供をたくさん産むわけにもいかないでしょうから、ぜひ定期的に検診を受けるようにしましょう。

乳がんトリビアTOPへ戻る

監修:公益財団法人 がん研究会有明病院 副院長· 乳腺センター長  
大野 真司 先生