BRAND STORY

ブランドストーリー

JO MALONE LONDON

STORY 1

今までにない香りの楽しみ方で
特別な空間演出を。

結婚式を控えたお二人が、「式場にいい香りを漂わせたい」とお見えになられました。私たちは式場の受付から入り口にかけて、「やさしい花の香りのキャンドルを焚きましょう」とご提案させて頂きました。
そしてその空間だけではなく、新郎新婦が歩かれるときの香りもいっしょに提案したのです。
お二人の身体の前と後ろに異なる香りをつけて、その場を通るときと、通り過ぎた後。それぞれの香りを楽しんでいただくというものでした。

来客されたみなさまから「いろんな香りが漂って、気持ちが華やかになった」「私もあんな風に香りのある結婚式をしたい」など、嬉しいご報告を頂きました。「やってよかった」と心から思いました。
今までにない“香りの楽しみ方”で、たくさんの人の生活を華やかにしたい。
これがジョー マローン ロンドンのフレグランス コンバイニング™という考え方です。二つの異なる香りを組み合わせることにより、よりオリジナルな個性をつくり出す。そんな斬新なスタイルです。

朝はフレッシュな香りをつけて、夕方は華やかな香りを重ねづけ。香りひとつで、「気持ちの切り替えができた」「元気が出てきた」というお声も。
ジョー マローン ロンドンには、「そういう楽しみ方があるんだ」と喜んでくださる方が増えています。
フレグランス スタイリストにとって、そんなお客様との関係が大きなやりがいにつながっていることは間違いありません。

STORY 2

好奇心だけだった方が、
今ではブランドに魅了されて。

私たちフレグランス スタイリストは、お客様のライフスタイルや趣向をカウンターでお伺いします。そしてさまざまな香りの組み合わせや変化を味わっていただく。それが大切な使命でもあります。
そのお客様は50代くらいの男性でした。お昼休みのついでにご来店されたようでした。
「最近オープンしたようだけれども、何のお店ですか?」と興味深げにいろいろとご質問なされていました。私はコロンを紹介しながら、ジョー マローン ロンドンの香りに対するコンセプトやブランドの背景などをご紹介。

そうしているうちに、「じゃあ、私に似合う香りを選んでもらおうかな」と言ってくださったのです。いろいろなコロンを紹介していくうちに、「これは何?じゃあこれは?」明らかに興味の対象がどんどん広がっていかれたのです。そして「これはわたしのオフィスにあうね」とキャンドルをご購入されました。
今では、そのお客様は2週間に1度はお見えになります。「あの香り、オフィスでつかったら評判が良かった。今度は家のリビングの香りを選ぼうかな」「妻の誕生日プレゼントに、どんな香りがいい?」など、ことあるごとに相談してくださって。こんなに嬉しいことはないです。
初めは好奇心だけでお見えになったお客様。今ではジョー マローン ロンドンの深いファンにまでなってくださる。製品の素晴らしさを知っていただきながら、新しい暮らし方や楽しみがご紹介できる。フレグランス スタイリストは素敵な仕事です。

募集要項

© Estée Lauder Inc. All worldwide rights reserved.

メール登録

PAGE TOP