BRAND STORY

ブランドストーリー

CLINIQUE

STORY 1

キレイになったね。
そう喜び合える素晴らしさ。

「今まで何を使っても、よくならなくて」
半ばあきらめ気味でコーナーにいらっしゃったお客様は20代前半の方。中学生のころからニキビに悩まされていたそうです。
私たちクリニークのコンサルタントは、日ごろの研修で皮膚の構造について深く学んでいます。カウンセリングを通してそのお客様は、乾燥肌のために脂質成分が高い保湿クリームを使い続けていることが判明。

乾燥に潤いは必要ですが、脂質成分がニキビに悪影響を及ぼしている可能性がありました。
そこで肌チェックを行い、ニキビ用トライアルキットをお渡ししました。「本当に良くなるのかな?…」と不安も口にされていました。
しかしそれから4~5日後。そこには笑顔でカウンターにお越しくださったお客様の姿が。「ねぇ見て!お肌がしっとり変わってきたの」と嬉しそうにお話しくださいました。
今ではニキビの悩みも落ち着き、スキンケア製品だけではなく、クリニークのメイク製品もそろえていただくほどに。

デリケートな肌にあわせたお手入れをしっかりご提案する。お客様にきちんと納得していただく。それは確かな肌知識があるからこそ。
お客様は肌状態が良いと、さらなる高いレベルの結果を求められます。
そのお客様も「クリニークを信頼しているから」と毎月コーナーにいらっしゃいます。「またキレイになった」お客様といっしょに喜び合える。
そんな方が増えていくように。私たちにとって最高の瞬間を生み出していきます。

STORY 2

長く愛されることを実感。
高い信頼性がその証拠。

そのお客様は一見なんのトラブルもない肌の方でした。
しかし、お話を伺うと「最近、化粧水や乳液をつかうと肌がヒリヒリしてほてりが止まらない」と深刻な表情。もうすぐブライダルのお仕事につくそうで、失礼のないようにきちんとしたメイクをしなければならない。そんな切実な想いをお持ちでした。
早速肌チェックツールを使って、カウンセリングをすることに。すると、肌の内部のモイスチャーバリアにトラブルがある可能性がありました。
そのお客様には、特に優しいエッセンスローションをタッチアップさせていただきました。いくつかお試しいただくうちに、角質ケアローションにも「全然ヒリヒリしないわ」と驚きの反応が。
結局そのお客様には3ステップ製品をお求めいただきました。

百貨店にお見えになるお客様は、美しくなるための情報や知識を豊富にお持ちです。そんなお客様にもご納得頂けるように、クリニークのコーナーには皮膚科学の視点から、肌トラブル対策などを示すツールなども用意されています。そして、タッチアップをしていきながら興味をもっていただくコミュニケーション能力。それこそが本当のプロだと思います。
一度お使いになると、クリニーク製品の愛着は深くなっていく。だから10年、20年と長く使ってくださるお客様がたくさんいらっしゃるのです。
「もう他のものでは考えられないわ。一生使い続けるからね」そうおっしゃってくださる50代以上の方がいらっしゃるのも納得。
高い信頼性は、私自身がクリニークで働いていく中で強く実感しております。

募集要項

© Estée Lauder Inc. All worldwide rights reserved.

メール登録

PAGE TOP