ピンクリボン乳がんの知識啓発キャンペーン

  • CSR社会貢献
  • ESTEE LAUDER COMPANIES

スペシャル インタビュー Special Interview

インタビュー一覧に戻る

検診で得られる安心感と自信は、 かけがえのないもの。 早期発見のためにもぜひ乳がん検診を。ヘアメイクアップアーティスト  山本 浩未 さん vol.7  /プロフィール 資生堂美容学校卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所にてヘア・メイクアップアーティストとして宣伝、広報、商品開発などに従事。1992年にフリーとなり、「生活者としてのキレイ」をテーマに美容誌や女性誌を中心に活躍する。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など多数の連載を持つ。近年はトークショーへの出演、化粧品の商品開発へのアドバイスなどの需要も高い。また、健康的で美しく暮らす、ライフスタイルが世代を超えた女性に支持され、様々な雑誌で取り上げられている。

乳がんのことは気になるのに、忙しい毎日の中で検診のきっかけを逃してしまいがちです。「自分は大丈夫」と思って検診を後回しにしていませんか?医療技術の進歩もあり、先進国では、乳がんによる死亡率は年々下がる傾向にあるのに、日本だけは上昇しています。 その背景には日本女性の乳がん検診受診率の低さがあげられます。2010年のエスティ ローダー ピンクリボン イベントに出演してくださった山本浩未さんは、ご自身の胸腺腫手術の経験から健康でいることの大切さを痛感され、乳がん早期発見を啓蒙されています。 「乳がんは早期発見で治る病気。ちゃんと検診していれば安心と自信を得られます」と、素敵なメッセージを下さいました。

胸腺腫の開腹手術をきっかけに、検診の大切さにめざめた

私は乳がん検診だけでなく色々な検診をまめに受けている方だと思います。
きっかけは会社員からフリーになったことですね。過密スケジュールの中で自分は休めない、倒れられないという思いから、健康管理も仕事の一部として検診を受けています。異常なしという検診結果を聞いて安心感を得られますし、元気で健康なら何でも出来ますよね。若くても、年を重ねても、年齢に関係なく健康であることは全ての基本。女性が輝いて幸せに生きていくためのベースだと思います。
実は、10年ほど前に胸腺腫の摘出手術をしました。腫瘍が悪性だとがんになるリスクもあり、開腹手術を受けたのです。手術後は集中治療室に入り、手足を動かすこともできず、胸部に痛みを感じて、改めて手術のダメージを痛感させられました。
手術後は不調を感じることもしばしばあり、以前のような体調に戻るのには5~6年かかりました。この時の経験から、自分の体を大切にしなければと心底思うようになり、体のメンテナンスに目を向けるようになりましたね。

失ってはじめて気づく「健康であること」のありがたさ。

ではどんな風に体のメンテナンスをしているか、お話しますね。私は毎年新しい手帳を買ったら、最初に記入するのは検診予定なのです。1月は自分の誕生月なので、健康診断や人間ドック、5~6月は胸腺腫の検診というように。定期的に検診を受けているので、普段はそんなに健康を気遣わなくてもいいという安心感があります。
昨年、エスティ ローダーのピンクリボン イベントに参加して、何かに後押ししてもらったような気がして、更に意識がかわりました。イベントの直後に触診で胸にしこりを発見して、すぐに大学病院へ(特に異常はないと診断されました)。検診と同じくらいにセルフチェックも重要だと思います。
でも、多くの女性は検診を嫌がっていますよね。自分だけは大丈夫だと思いこんだり、検診を怖がったり、面倒に感じたり。わが身には無縁、関係ないと通り過ぎてしまっています。
でもヘアサロンにはきちんと行くし、メイクもするでしょう。私は美容(キレイ)って「女性の応援団」だなと思います。女性は「この世の太陽」、ヘアスタイリングやメイクアップで美しく輝くことは、気持ちを盛り上げ、自信をつけることでもあります。
メイクアップも乳がん検診も実は同一線上にあるのではないでしょうか。乳がん検診を受けて健康に自信をつけることも、女性が活き活きと幸せに生きるために必要だと感じています。

乳がん発症率が上がる40代からの人生を幸せに生きるためにぜひ、定期的な乳がん検診を

女性の人生ってスパイラルのよう。一定の周期で生理があり、毎朝メイクをして夜には落とし、定期的に髪を切り、ネイルをする。女性はスパイラル状のめぐりの中に生きています。定期的にメンテナンス=検診を受け、プロに診断してもらって、時々修正することにより、スパイラルをより美しくスムーズにめぐらせていく。
それにより自分の資産価値を上げることにもなると思うんですよね。
たとえば車検により安心して車に乗れるように、自分の体もしっかり検診して、健康な体と安心感を得て欲しいですね。特に乳がんの発症率が上がるといわれている40代女性。40代は精神的にも安定し、これからが、「自分を楽しめる時」。楽しむためには健康であること、健康であるという安心感は、財力以上の力となるんです。検診で得られる安心感と自信は、これから先の人生を美しく輝かせると私は思っています。

Return to page top