• CSR社会貢献

エスティ ローダー グループとピンクリボン Estee Louder Group & Pink Ribbon

ミセス エヴリン ローダーが世界に広めたキャンペーン

世界規模で乳がんへの認知を高め、命を救うことを目的としたキャンペーン。1992年、故エヴリン・H. ローダー(エスティ ローダー カンパニーズ シニア コーポレート ヴァイス プレジデント)が立ち上げました。いまでは世界70カ国以上で展開されています。現在までに寄付金総額6500万ドルとなり、そのうち、4600万ドルが乳がん研究基金( BCRF )を通じて、世界各地200件の乳がん研究活動に活用されています。そして「ピンクリボン」は乳房の健康を考える世界的なシンボルになっています。

エスティ ローダー グループと
ピンクリボンを振返る
(再生時間:1分57秒)

ELCとピンクリボンの歩み

ミセス エヴリン ローダー(1936~2011)を偲んで

エスティ ローダー ビジネスに、多くの革新的な偉業をもたらしてきたミセス エヴリン ローダー(エスティ ローダー カンパニーズのシニア コーポレート ヴァイス プレジデントで、フラグランス製品グローバル開発責任者)は、2011年11月12日に、世界中の多くの人たちに惜しまれつつ、愛する家族に見守られるなか永眠致しました。
50年以上にわたり、彼女の果たした輝かしい足跡は、「クリニーク」というブランド名の考案、またエスティ ローダー ブランドの代表的なフラグランス「ビューティフル」「プレジャーズ」の開発などがあります。
その中でも特に注目すべきは、世界中の女性の健康への意識を喚起し、乳がん早期発見のために、勇気をもって取り組んだことでしょう。

エヴリン ローダー
Return to page top