ピンクリボン 乳がんの知識啓発キャンペーン

  • CSR社会貢献
  • ESTEE LAUDER COMPANIES

WE'RE STRONGER TOGETHER.

乳がんの知識啓発ピンクリボン キャンペーンとは?

エスティ ローダー グループのシニア コーポレート ヴァイス プレジデント、故 エヴリン ローダーによって、24年前に立ち上げられたピンクリボン キャンペーン。その象徴に選ばれたのは、女性ひとりひとりに乳房を思いやる心を伝えるピンクのリボン。「ピンクリボン キャンペーン」が、ここにはじまりました。

エスティ ローダー グループが世界中で、研究、教育、医療サービスのために6,500万ドル以上の寄付金を集め、世界中の200のBCRF研究プロジェクトに資金提供しました。この社会貢献活動は、乳がんに対する意識を高め、乳がんにより命を落とす女性が一人もいなくなること、また治療中や治療後も患者たちが健やかで美しく過ごせるよう、さまざまなメッセージを発信し、支援製品などによる基金を通じて、乳がん研究や患者団体のサポートをしています。

BCRF(乳がん研究基金: 米国) 公式ホームページ >>

ピンクリボン キャンペーンがめざすのは?

教育と医療研究をサポートし、乳がんに打ち克つこと。
活動開始から24年にわたり、「ピンクリボン キャンペーン」は世界中の女性、男性、そして家族に対して広く働きかけてきました。
乳がんと闘うための意識を高め、募金活動を通して、ひとりひとりにとって意義ある行動を呼び起こしてきたのです。

皆で力を合わせ、乳がんに打ち克ちましょう

エスティ ローダー グループの2016年「ピンクリボン キャンペーン」は、乳がんと闘うための世界的なつながりをサポートします。
世界中の人々に、改めて乳がんを呼びかけます。

皆が動けば、はじめて大きな力になる。世界で最も多い女性のがんとして、乳がんは私たちの命を日々脅かしています。
でも、検診を受けたり、身近な患者のことを知ったり、あるいは乳がんのない世界について考えることだけでも、
私たちはこのがんと向き合うことができるのです。
経験の大小はあれ、〈乳がんに打ち克ちたい〉という共通の想いがあれば、私たちは大きな力としてひとつになることができます。

皆で力を合わせることが、乳がんのない世界へつながる近道です。

@BCAcampaign / #BCAstrength

2016 年日本国内のランドマーク イルミネーションは、
10月1日(土)に東京タワー、東京スカイツリー®、清水寺※1本堂、姫路城、そして今年は3月にオープンした東急プラザ銀座※2も加わり、5つのランドマークがピンク色に点灯されます。

※1 仁王門、西門、三重塔、観音慈光は10月1日(土)~31日(月)の1カ月間ライトアップされます。( 本堂は10月1日のみ)
※2 10月1日(土)~10月31日(月)の1カ月間ライトアップされます。

プレスリリースはこちら>>

乳がん知識啓発カードに可愛いキャラクターが初登場!

協力して下さったのは、人気漫画家の腹肉ツヤ子さん。
シールのイラストには「オンリーワンの自分を大切にしましょう」
という想いが込められています。

エスティ ローダー グループ ブランドの各店舗にて、シールのついた乳がんの知識啓発カードをお配りしております。
ぜひお立ち寄りください。
※ 一部取扱いのない店舗もございます。
※ なくなり次第終了となりますので予めご了承ください。

■腹肉ツヤ子(はらにくつやこ)

女性誌・コミック誌を中心に活躍中の漫画家・イラストレーター。
with(講談社)、MORE(集英社)、ほんとうに怖い童話(ぶんか社)等で連載中。著書に「ロマンスの胎盤」(サテマガBI)、「100%ぶっちぎり体脂肪!」(角川書店)がある。

乳がんの知識啓発キャンペーンについてのお問い合わせ
ELGC株式会社 「エスティ ローダー グループ ピンクリボンキャンペーン」事務局 pinkribbon@jp.estee.com