トップ > Message ご挨拶

Message ご挨拶

“Bringing the Best to Everyone We Touch” ふれあう一人ひとりに最高のものを

Welcome ようこそ

当社のウェブサイトにお越しくださいましてありがとうございます。

私たちエスティ ローダー グループは、1946年、エスティ ローダーという女性の名前を社名に、アメリカで創業しました。彼女の起業家精神と創造力や、消費者であるお客さまが望むものに対する感性は、今日も変わることのないエスティ ローダー グループの企業価値です。創業者ミセス ローダーの打ち出したビジョンは、"ふれあう一人ひとりに最高のものを" (Bringing the Best to Everyone We Touch.)という考え方で、経営理念にもなっています。ミセス ローダーは化粧品業界にとどまらない分野でも高く評価され、アメリカ自由勲章などを含む多くの栄誉を受けました。「最も幸せな瞬間は、店頭でのデモンストレーションや顧客とふれあうこと」だと言い、晩年(2004年)までお客さまとのふれあいの時間を大切に過ごしました。

この"ふれあい"(Touch)の精神こそが、最高の品質、スタイル、そして卓越したカスタマーサービスの企業文化を育みました。現在、高級化粧品業界のリーディングカンパニーとして、良質なスキンケア、メイクアップ、フレグランス、ヘアケア製品の研究開発・製造・販売を通じて、150カ国と地域のお客さま5億人とふれあっています。今後もそのふれあいは、新たな国や都市の何百万人ものお客さまへ向けて、毎年、さらに広がっていくでしょう。

日本での展開を始めたのは1967年のことでした。揺ぎない"ふれあい"(Touch)の精神を礎に、日本のお客さまの健やかな美しさに貢献する使命を続けたことで、日本国内高級化粧品業界でもリーダーの地位を確立することができたと自負しています。最新のトレンドが生まれ、品質とサービスにおいて世界基準とされる日本では、化粧品の開発分野でもその革新性が、アジア太平洋地域にも影響力を及ぼしています。ELGC株式会社も、日本のお客さまの高度で洗練されたご要望に応えるために、創造的で革新的なサービスや製品開発力の向上に取り組み続けています。

これからも、日本のお客さまに「最高のもの」をお届けするためには、製品の品質に加えて、社員一人ひとりが、高い基準でサービス提供に取り組むことが不可欠です。そのために、人材育成に重点を置き、一人ひとりの継続的なスキルとキャリア開発を支援し、働きやすい会社作りを目指します。さらに、会社そして社員がよりよい企業市民として社会貢献を実現する活動を行っていきます。ピンクリボン活動「乳がん早期発見啓発キャンペーン」を始め、M・A・Cエイズ基金の設立、環境保護について啓蒙活動をする団体への支援などがその一例です。

私たちはすべての企業活動を通じて "ふれあう一人ひとりに最高のものを" (Bringing the Best to Everyone We Touch.) の実現に妥協のない倫理観をもって誠実に行動していきます。これからも、皆さまとのふれあいを通じて、エスティ ローダー グループのブランドへのご理解を深めていただくメッセージを発信してまいります。皆さまからのご支援を心よりお願い申し上げます。

ELGC株式会社 代表取締役社長 エリック ドゥイエ

Return to page top