トップ > Company 会社概要 沿革

Company 会社概要

エスティ ローダー グループ沿革

社 歴

1967年 3月
エスティ ローダー日本支社 設立登記
1968年 11月
東京2店、大阪1店で「エスティ ローダー」ブランド販売開始
1970年 2月
男性化粧品「アラミス」ブランド販売開始
1976年 3月
エスティ ローダー株式会社 設立登記
(エスティ ローダー日本支社の営業活動一切を継承)
1978年 10月
「クリニーク」ブランド販売開始
1987年
「ラボ シリーズ」ブランド販売開始
1998年 2月
「ボビイ ブラウン」ブランド販売開始
1998年 4月
「マック」ブランド販売開始
2000年 8月
「ドゥ・ラ・メール」ブランド販売開始
2003年 9月
「アヴェダ ライフスタイルサロン&スパ」営業開始
2008年 4月
ELGC株式会社 設立登記
2008年 9月
「ジョー マローン ロンドン」ブランド販売開始
2010年 7月
Eコマースおよび、Mobileコマースを開始
2012年 10月
「トム フォード ビューティ」ブランド販売開始
2014年 7月
エスティ ローダー株式会社とELGC株式会社が合併

エスティ ローダー日本は、まず支社として1967年に設立され、その後、業務の拡大発展に伴い1976年3月、日本法人 エスティ ローダー株式会社に改められました。
「エスティ ローダー」ブランドは日本進出以来、全国一流百貨店、高級品専門店に於いて限定販売され、高級輸入化粧品としての地位を確立してきました。
男性化粧品「アラミス」は1970年より日本での販売を開始し、その個性的な香りが世界中で大好評を得、ステータスシンボルとして多くの男性から愛され続けています。
1978年には皮膚科学の成果に基づき、100%無香料・アレルギーテスト済みの総合化粧品「クリニーク」ブランドを発売、日本市場で圧倒的な支持を得て今日に至っています。
1987年より販売を開始した「ラボ シリーズ」は、常に男性特有の肌ニーズに着目して研究を続けてきました。先駆者として男のスキンケアをリードし、近年の男性化粧品ブームのさきがけとなりました。
そして1998年2月、数々のスーパーモデルやコレクションのメイクアップを手がけ、メイクアップアーチストのトップを走り続けるボビイ ブラウンが創設した、自分を引き出すメイクアップブランド「ボビイ ブラウン」の販売を開始いたしました。
続いて、1998年4月にはフランク・トスカンとフランク・アンジェロの二人の手によってスタートしたメイクアップ・アーチスト向けの製品を開発するために生まれたメイクアップ・アート・コスメティックスの略称「M・A・C」ブランドを販売開始。「M・A・C」ブランドは設立当初からエイズ関連基金への募金活動や、地域社会への積極的な貢献をしています。
2000年8月には航空宇宙物理学者マックス ヒューバー博士開発のミラクルクリーム「クレーム ドゥ・ラ・メール」を中心とする スーパープレミアムスキンケアブランド「ドゥ・ラ・メール」を販売開始いたしました。
2003年9月には、ヘアーケア・プロダクトを中心とする「アヴェダ」ブランドの独立店舗「アヴェダ ライフスタイル サロン & スパ」を開始いたしました。
2008年9月には、香りをテーマに豊かなライフスタイルを提案する英国のラグジュアリーライフスタイルブランド「ジョー マローン ロンドン」の販売を開始いたしました。
2010年7月には、エスティ ローダー、クリニーク、ボビイ ブラウン、マックの4ブランドで、
Eコマースおよび、Mobileコマースを開始。現在では、ラボ シリーズ、ドゥ・ラ・メール、アヴェダ、ジョーマローン ロンドンも加わり合計8ブランドで展開しています。
2012年10月には、高いファッション性とラグジュアリを兼ね備えた究極のコスメティックブランド「トム フォード ビューティ」の販売を開始いたしました。

2014年7月には、エスティ ローダー株式会社とELGC株式会社が合併いたしました。
現在、ELGC株式会社が取り扱う合計10ブランドの製品は、百貨店を中心に全国490以上のカウンターで販売され、その売上げ成長率は、わが国化粧品業界に於いて他社を大きくリードしております。
事業所は営業の拠点を東京本社(千代田区永田町)に置き、南砂センターでは製品開発、品質管理、輸入業務並びに全国発送業務を行っております。

Company

Return to page top